西郷隆盛洞窟(さいごうたかもりどうくつ)

西郷隆盛洞窟

西郷隆盛は、明治10年(1877)9月19日から同24日未明に至る6日間、この洞窟で起居した。

しかも、薩軍と政府軍との城山攻防戦という西南戦争の最終段階において、政府軍の城山包囲網の中、西郷隆盛はこの洞窟で過ごし、最後まで薩軍の指揮をとっていた場所として、重要な史跡である。

現在の洞窟の規模は、奥行きが4m、間口が3m、入口の高さは2.5mである。

昭和49年(1974)、鹿児島市の記念物(史跡)に指定された。

所在地 鹿児島市城山町
出来事 年/150年後
備考 交通/シティビュー 西郷洞窟前バス停

近くの史跡めぐり

  • 2018年大河ドラマ 西郷どん
  • 明治維新と薩摩藩
  • 動画で見る明治維新
  • イベントカレンダー
  • 西郷隆盛ゆかりの地
  • 薩摩観光維新隊
  • もっと知ろう明治維新
  • ロゴマークの使用について
  • 鹿児島市明治維新PRキャラクター 西郷どん