大門口砲台跡 (だいもんぐちほうだいあと)


埠頭4薩英戦争時は、36ポンド爆砲3門、20ドイム臼砲1門、野戦砲4門が備えられていた。嘉永6(1853)年に沿岸防備のために島津斉彬によって築かれた砲台で、キスト砲架という新型の砲架で、横向きの移動が従来の四輪砲架より容易であり、移動する軍艦を追尾しながら砲撃することができた。

所在地 鹿児島市南林寺町
出来事 年/150年後 薩英戦争 1863(文久3)年/2013(H25)年
備考

近くの史跡めぐり

  • 2018年大河ドラマ 西郷どん
  • 明治維新と薩摩藩
  • 動画で見る明治維新
  • 西郷どんも知らない!?鹿児島市
  • 西郷隆盛ゆかりの地
  • もっと知ろう明治維新