西郷武屋敷跡(さいごうたけやしきあと)


西郷武屋敷跡

明治6年(1873)西郷隆盛は、いわゆる征韓論に破れて鹿児島に帰り、明治10年(1877)の西南戦争までの4年間、この屋敷で過ごした。

屋敷は明治2年(1869)薩摩藩の上級武士から譲り受けたもので、敷地約3600㎡、高縁の御殿づくりで部屋数も多く、庭には大きな松の木もあったという。西南戦争で焼失したが、明治13年(1880)弟 従道が再建した。いま屋敷跡は公園になっており、当時の井戸が残っている。

ここでの西郷の生活は、まさに晴耕雨読の生活で、吉野や西別府で農耕に励んだり、県内各地で狩猟を楽しんだり、また私学校を創設し、青少年の教育にあたるなど「武村の吉」として悠々自適の暮らしを送った。また、沖永良部流刑中に出会った川口雪蓬を同居させ、付近の子供たちの教育にあたらせた。

所在地 鹿児島市武2丁目(西郷公園内)
出来事 年/150年後
備考 交通/武2丁目バス停

近くの史跡めぐり

  • 2018年大河ドラマ 西郷どん
  • 明治維新と薩摩藩
  • 動画で見る明治維新
  • 西郷どんも知らない!?鹿児島市
  • イベントカレンダー
  • 西郷隆盛ゆかりの地
  • 薩摩観光維新隊
  • もっと知ろう明治維新
  • ロゴマークの使用について
  • 鹿児島市明治維新PRキャラクター 西郷どん
  • 大河ドラマ館ステージ情報