西郷隆盛誕生地(さいごうたかもりたんじょうち)


西郷隆盛誕生地

大久保・木戸とともに維新の三傑といわれた。

文政10年(1827)、小姓与の吉兵衛の長男として生まれ、郷中教育の中で文武に励み、禅学も修めた。17才で郡方書役助となり、やがて島津家28代当主斉彬に登用され、将軍継嗣及び条約勅許問題に奔走した。しかし、安政の大獄に斉彬の急死も重なって帰藩した。その後、僧 月照との投身事件を起こしたものの、一命はとりとめた。

その後、2度の島流しを体験し、元治元年(1864)召還後、藩政の中核として活躍し、維新の原動力となった。

維新後、新政府の参与、参議、陸軍大将などとなり、廃藩置県、兵制、地租改正等を断行したが、いわゆる征韓論に破れて帰郷し、私学校を設立した。

明治10年(1877)私学校生徒の決起により、西南戦争が起こり、圧倒的な政府軍の前に、城山の露と消えた。

西郷隆盛誕生地2

所在地 鹿児島市加治屋町
出来事 年/150年後
備考 交通/維新ふるさと館(観光交流センター)前バス停

近くの史跡めぐり

  • 2018年大河ドラマ 西郷どん
  • 明治維新と薩摩藩
  • 動画で見る明治維新
  • 西郷どんも知らない!?鹿児島市
  • イベントカレンダー
  • 西郷隆盛ゆかりの地
  • 薩摩観光維新隊
  • もっと知ろう明治維新
  • ロゴマークの使用について
  • 鹿児島市明治維新PRキャラクター 西郷どん
  • 大河ドラマ館ステージ情報