トピックス

薩英文化祭(Anglo-Satsuma Festival)

  • イベント
  • 2014.11.15
satsuei_festival_tirashi

薩英文化祭

明治維新150年カウントダウン事業の一環として、薩摩と英国との交流の歴史を学び、イギリスの文化、風習を体験することができるイベントをします。ぜひお越しください。

日時

11月15日(土)10:00~16:00 ※雨天の場合は、内容を一部変更して実施

場所

鹿児島市中央公園(鹿児島市山下町4)

ステージプログラム

 時間 内容
10:00~10:20 オープニングセレモニー
10:25~10:55 オープニング演奏① 長崎グラバーパイプバンド
11:00~11:20 オープニング演奏② 鹿児島市立坂元小学校金管バンド 
11:25~12:15

特別講演「(薩摩)開成所と薩摩藩英国留学生」

講師:原口泉先生(志學館大学教授・鹿児島県立図書館長)

12:25~13:10  中村弘明フラワーパフォーマンス&トークショー
13:20~13:50  日英友好ステージ① 志學館大学バンド
13:55~14:25  日英友好ステージ② エクセルバトンスクール鹿児島
14:30~15:10 日英友好ステージ③ 鹿児島情報高等学校吹奏楽部
15:20~15:50 日英友好ステージ④ R&Rスティールドラムオーケストラ

※最後に、会場内の花を抽選でプレゼントします(メインの生け花を除く)

展示・出店・体験コーナー

歴史と交流を学ぼう

〇鹿児島日英協会・青年部関連展示コーナー(鹿児島日英協会)

〇明治維新150年カウントダウン事業・世界遺産を目指す「集成館」PRコーナー(鹿児島市)

〇薩英交流史400年コーナー(尚古集成館・仙巌園)

〇薩摩藩英国留学生記念館コーナー(いちき串木野市)

〇英国ガーデニング展示コーナー(英国国立園芸協会)

〇花の展示・ディスプレイコーナー(鹿児島フラワーデザイン協会)

食文化と交流を学ぼう

〇サツマオレンジ・ばれいしょ(長島町)

〇紅茶(薩摩英国館・NPO法人日英友好協会)

〇インギー鶏(インギー地どり事業協同組合)

〇英国式居酒屋(天文館 Big Ben)

〇飲食・輸入雑貨・カフェ・アンティーク小物 販売(大坪茶菓・OH 勝手処 堀の家・喫茶 七つ星・古書リゼット・南洲館・FOODS BAR BLAZE(フーズバーブレイズ)・L’atelier de Parisine(ラトリエドゥパリジャン)

西洋の料理を学ぼう

〇手作りスコーン販売(鹿児島女子短期大学)

西洋のガーデニングを学ぼう

〇コンテナガーデン教室(オープンガーデンかごしま フラワーロンド)

要事前申込:先着20名 参加費:3,000円

お申し込み先:NPO法人CSS九州 電話:099-298-1511 FAX:099-298-1512 

※受付時間 月~金曜日 9:00~17:00

西洋のスポーツ・遊びを学ぼう

〇ローンボウルス体験(長崎県ローンボウルス協会)

〇イギリス伝統の遊び(鹿児島市ALT・鹿児島日英協会青年部)

薩英文化祭チラシ(PDFファイル:1,266KB)

札幌市・鹿児島市歴史交流紹介コーナー

  • イベント
  • 2014.10.23
sapporo-kagoshima_tirashi

札幌市・鹿児島市歴史交流紹介コーナー

札幌市と関わりがある薩摩の偉人(黒田清隆、永山武四郎、村橋久成など)や史跡等の紹介パネルを展示しています。また札幌市に残る偉人のゆかりの資料も展示。維新ふるさと館と一緒にご覧ください。

期間

10月23日(木)~11月16日(日)9:00~17:00(入館は16:30まで)

会場

維新ふるさと館

観覧料

維新ふるさと館の入館料で観覧できます(大人300円、小・中学生150円)

お問合せ

鹿児島市観光プロモーション課

電話:099-216-1344、Eメール:kan-suishin@city.kagoshima.lg.jp

札幌市・鹿児島市歴史交流シンポジウム参加者募集

  • イベント
  • 2014.11.08
sapporo-kagoshima_tirashi

札幌市・鹿児島市歴史交流シンポジウム

2018(平成30)年に明治維新から150年の節目を迎えるにあたって、2012(平成24)年から2018(平成30)年までの期間、その年ごとに近代日本の礎を築いた鹿児島に関わりが深い出来事を題材とするイベントなど様々な取組を実施する「明治維新150年カウントダウン事業」を行っております。
今年度の取上げる出来事は、西洋の進んだ技術等を教えた洋学校「開成所」です。
昨年11月に観光・文化交流協定を締結した札幌市と本市の歴史的なつながりを学ぶためのシンポジウムを開催いたします。ぜひご参加ください。

応募期間を延長して、お申し込みを受け付けています。お早目にお申込み願います。

※先着順で、定員に達し次第、お申し込みを終了させていただきます。

日時

11月8日(土曜日)17:00~19:30

場所

維新ふるさと館(地下1階) 維新体感ホール

※イベント用の駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

定員

80名 ※要事前申込 (定員に達し次第締め切り)

参加費

無料

イベントの概要・参加申込

こちらのホームページ をご覧ください。

お問合せ

MBCサンステージ内「札幌市・鹿児島市歴史交流シンポジウム等イベント事務局」

電話:099-255-6144(平日9:30~17:30)、Eメール:event@sunstage.co.jp

札幌・鹿児島おもしろゼミナール参加者募集(小学5・6年生対象)

  • イベント
  • 2014.11.08
sapporo-kagoshima_tirashi

札幌・鹿児島おもしろ歴史ゼミナール

11月8日に「札幌・鹿児島おもしろゼミナール」を開催いたします。明治維新期に、多くの薩摩の偉人たちが北海道の開拓にあたり活躍しました。

今回の講座では、小学5・6年生を対象に、郷土の偉人について学んでいただく機会として設けたものです。

当日は、札幌市から素敵なプレゼントがあります♪ぜひご参加申込ください!

日時

11月8日(土曜日)11:00~12:00(受付:10:30~)

場所

維新ふるさと館(鹿児島市加治屋町23番1号)

参加費

無料

定員

30名(先着順・定員になり次第終了。まずはお問合せください)

 ※小学5・6年生対象。保護者の方は同席できません。

申込方法

こちらをご覧ください。

※本イベント用の駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

お問合せ先

MBCサンステージ内「札幌市・鹿児島市歴史交流シンポジウム等イベント事務局」

電話:099-255-6144(平日9:30~17:30)、Eメール:event@sunstage.co.jp

西郷隆盛と野菜生活

  • 明治維新と薩摩藩
  • 2014.11.04

鹿児島市喜入町にある観光農業公園グリーンファームは、様々な農業体験や滞在型の観光農園などが充実した施設。こうした施設が象徴するように現代人も農的な暮らしに憧れ、余暇のひとつとして農業に親しむひとが増えている。

実は西郷隆盛も、こうしたグリーンツーリズムの実践者のひとりであった。ただ特に江戸時代における西郷家にとって農作業は、余暇よりも生活のための食糧確保としての役割が大きかったようだ。また西郷も武士としてのお仕事がりながらの農作業に従事でゆえに苦労もあったであろう。舞台となる場所は、鹿児島市郊外の西別府にあり、現在は「西郷野屋敷跡」として公園化され親しまれている。大家族だった西郷家にとって野屋敷の存在は大きく、本宅のある加治屋町から半日くらいかけて訪れ、時には滞在もしてからいもなどを栽培していた。

ここには長期滞在できるように、6畳、3畳、4畳、2畳の田の字型の小屋があったようだ。明治6年の政変後には西郷隆盛も時間的な余裕もあり自らを居住地から「武村の吉」と称して、特に余暇を目的とした農的な暮らしを実践していた。生活の余裕もありながらの農作業ということなので、つまり鹿児島におけるグリーンツーリズムの先駆者ともいえそうだ。

野屋敷での滞在は「短くて3日、長くて1週間くらい」といわれ、西南戦争勃発まで西郷にとっては穏やかな時間を過ごしてた場所のひとつだったのだろう。

  • 2018年大河ドラマ 西郷どん
  • 明治維新と薩摩藩
  • 動画で見る明治維新
  • 西郷どんも知らない!?鹿児島市
  • 西郷隆盛ゆかりの地
  • もっと知ろう明治維新