火の河原 (ひのこら)


taniyama5幕末、和田海岸付近や喜入前の浜から砂鉄を当地に運搬し、木炭を利用して粗鉄を精製した場所。粗鉄は馬に乗せて、磯の集成館に運ばれた。火の河原の「火」は木炭火、「河原」はどろどろに溶けた粗鉄の流れをさしたものである。

所在地 鹿児島市平川町
出来事 年/150年後 集成館事業(前期)
備考 火の河原公民館内に説明板あり

近くの史跡めぐり

  • 2018年大河ドラマ 西郷どん
  • 明治維新と薩摩藩
  • 動画で見る明治維新
  • 西郷どんも知らない!?鹿児島市
  • 西郷隆盛ゆかりの地
  • もっと知ろう明治維新