伊東祐亨元帥誕生地碑 (いとうすけゆきげんすいたんじょうちひ)


上町4天保14(1843)年-大正3(1914)年。文久3年薩英戦争のとき、21歳で戦闘に参加。海軍を志し、神戸海軍操練所に入り、慶応元(1865)年には江戸の江川太郎左衛門塾で砲術を学ぶ。慶応3(1867)年、江戸藩邸焼き討ちのときは藩邸にいたが、品川に碇泊していた翔鳳丸に乗船。幕府回天丸の砲撃を受けたが、砲手として奮戦。神戸に入港すると軍艦春日丸に乗り移り、阿波沖の戦いでは、春日丸の乗組員であった。明治22(1889)年には、海軍大学長。日清戦争では連合艦隊司令長官として指揮。日露戦争では大本営海軍幕僚長。のち元帥。

所在地 鹿児島市清水町
出来事 年/150年後 三田薩摩藩邸焼き討ち 1867(慶応3)年/2017(H29)年
備考 清水小学校内

近くの史跡めぐり

  • 2018年大河ドラマ 西郷どん
  • 明治維新と薩摩藩
  • 動画で見る明治維新
  • 西郷どんも知らない!?鹿児島市
  • 西郷隆盛ゆかりの地
  • もっと知ろう明治維新