川村純義誕生地 (かわむらすみよしたんじょうち)


arata1天保7(1836)年-明治37(1904)年。安政2年、藩から選ばれて幕府の長崎海軍伝習所で学ぶ。明治元(1868)年の戊辰戦争には薩軍四番隊長として参加、白河口攻撃に功をたて、会津若松城攻撃に際しては猪苗代湖口の十六橋を敵の破壊寸前に占領し、若松城攻撃を容易にした。明治以降海軍整備に尽力。西南戦争が勃発すると先に赴き大山綱良とは会うが、西郷隆盛との面会ができず、戦争回避とならなかった。明治18(1885)年には海軍を辞して宮中顧問官となる。明治天皇の信任が厚く、昭和天皇や秩父宮の養育主任となった。明治38(1905)年死去に際して海軍大将となる。

所在地 鹿児島市荒田1丁目
出来事 年/150年後 戊辰戦争 1868(明治元) / 2018(H30)
備考

近くの史跡めぐり

  • 2018年大河ドラマ 西郷どん
  • 明治維新と薩摩藩
  • 動画で見る明治維新
  • 西郷どんも知らない!?鹿児島市
  • 西郷隆盛ゆかりの地
  • もっと知ろう明治維新