桐野利秋田蘆跡(きりのとしあきでんろあと)と田蘆碑(でんろひ)


吉野5明治6(1873)年、西郷隆盛に従って鹿児島に戻った桐野利秋は、原野の開墾に従事しこの地が田蘆跡として今に伝わっている。このころの桐野は、明治7(1874)年に私学校を設立、同年2月の佐賀の乱の首謀者・江藤新平は、山川で西郷隆盛とあった後、鹿児島で桐野と密会、桐野は潜伏をすすめるが江藤は鹿児島を去った。江藤の腹心である徳久幸次郎と石井竹之助は、ここ吉田に潜伏し、のちに共に西南戦争で戦死した。

所在地 鹿児島市本城町
出来事 年/150年後
備考 桐野利秋関連史跡

近くの史跡めぐり

  • 2018年大河ドラマ 西郷どん
  • 明治維新と薩摩藩
  • 動画で見る明治維新
  • 西郷どんも知らない!?鹿児島市
  • 西郷隆盛ゆかりの地
  • もっと知ろう明治維新