大久保利通生い立ちの地 (おおくぼとしみちおいたちのち)


加治屋4天保元(1830)年-明治11(1878)年。17歳で藩の記録所書役助として出仕するも嘉永3(1850)年父が高崎崩れに連座、一家も不遇の時期を過ごす。安政6(1859)年同志40名と脱藩を企てるも、藩主忠義直筆の論書によって取り止め、誠忠組と称せられ、挙藩一致の公武合体運動を推進。文久元(1861)年小納戸に抜擢、藩政に参画し、公武合体運動の限界を知り、西郷とともに反幕派の形成に進んだ。慶応2(1866)年長州の木戸孝允と薩長同盟を結ぶ。明治維新をなしとげるも、西南戦争後、明治11(1878)年、紀尾井坂で暗殺。

所在地 鹿児島市加治屋町
出来事 年/150年後 薩英戦争
戊辰戦争
1863(文久3)年/2013(H25)年
1868(明治元)年/2018(H30)年
備考

近くの史跡めぐり

  • 2018年大河ドラマ 西郷どん
  • 明治維新と薩摩藩
  • 動画で見る明治維新
  • 西郷どんも知らない!?鹿児島市
  • 西郷隆盛ゆかりの地
  • もっと知ろう明治維新