小松帯刀像(こまつたてわきぞう)


komatsu小松帯刀。天保6(1835)年-明治3(1870)年。薩摩藩家老。父は喜入領主肝付兼善。吉利領主小松清猷の養子となる。文久元(1861)年、島津久光によって側役勤に任ぜられ、翌2年久光に従って上京。家老となる。以後京都に留まること多く、元治元(1864)年の禁門の変の処理、慶応2(1866)年薩長同盟の締結に参画。明治元(1868)年から翌2年の初めにかけては大久保らと版籍奉還を画策。翌3年病没。

所在地 鹿児島市山下町
出来事 年/150年後 薩長同盟
備考

近くの史跡めぐり

  • 2018年大河ドラマ 西郷どん
  • 明治維新と薩摩藩
  • 動画で見る明治維新
  • 西郷どんも知らない!?鹿児島市
  • イベントカレンダー
  • 西郷隆盛ゆかりの地
  • 薩摩観光維新隊
  • もっと知ろう明治維新
  • ロゴマークの使用について
  • 鹿児島市明治維新PRキャラクター 西郷どん
  • 大河ドラマ館ステージ情報