反射炉跡 (はんしゃろあと)

反射炉跡(尚古集成館提供) 嘉永4(1851)年に薩摩藩主となった島津斉彬は、軍備強化だけでなく殖産興業に取組む近代化政策を行い、磯に築いた工場群に「集成館」と名付けた。仙巌園入口付近にその基礎部分が遺る反射炉跡は、斉彬時代の集成館事業の数少ない遺構。反射炉は大量の銑鉄を溶かして鋳型に流しこみ、大砲の砲身を造る施設。度重なる失敗を重ね、現在目にすることができるのは、安政4(1857)年に完成した2号炉の基礎部分。薩英戦争の際、集成館は焼失し、反射炉もその後撤去された。

所在地 鹿児島市吉野町
出来事 年/150年後 薩英戦争  1863 (文久3) 年/ 2013(H25)年
備考 現・仙巌園内
集成館事業(前期)
世界文化遺産候補 構成資産「旧集成館」

近くの史跡めぐり

  • 明治維新と薩摩藩
  • 動画で見る明治維新
  • イベントカレンダー
  • 西郷隆盛ゆかりの地
  • 薩摩観光維新隊
  • もっと知ろう明治維新
  • ロゴマークの使用について
  • 鹿児島市明治維新PRキャラクター 西郷どん